スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと寄り道/ジジババ孫と彫刻の森美術館へ

08-31,2012




NEC_0250.jpg
ヘンリームーア 「横たわる像」




NEC_0253.jpg
ヘンリームーア 「母と子」




NEC_0252.jpg
ヘンリームーア 「ファミリーグループ」




NEC_0248.jpg
ペリクレ・ファッツィーニ 「踊り子」





40年くらい前になるだろうか・・・!?!

一度だけ行った事があった


 「箱根彫刻の森美術館」


予備校生か 大学生になったばかりの頃だったろう・・・



イタリアの彫刻家やヘンリームーアに心酔していた。

ブールデル や ヘンリームーアの彫刻が

人もまばらな 広々とした緑の丘陵に ゆうゆうと聳え ゆうゆうと横たわっていた・・・




その頃とは大違いだ!!

なんと家族連れの多いことよ!!!

しかも 小さい子供連れの家族がいっぱい・・・!!!



かく言う我々だって 立派な赤ちゃん連れ。


ジジババ4人と孫夫婦7人



40年の間に 少々遊園地(?)と化したような・・・野外を歩く







NEC_0244.jpg
堀内紀子 「おくりもの・未知のポケット2」





NEC_0254.jpg
ニキ・ド・サン・ファール 「ミス・ブラック・パワー」






NEC_0246.jpg
フェルナンレジェ 「歩く花」





NEC_0243.jpg






NEC_0241_convert_20120825195552[1]
フランソワ・ザビエ・クロードラランヌ 「嘆きの天使」






NEC_0255.jpg
流政之 「風の刻印」







40年前の私なら おそらく 

「・・・???」

と思うような 作品が 

今は この 緑の中にあっても ちっとも違和感が無いことに

密かに 内心 驚きながら 歩いた


むしろ 一見 自然と対立してるような作品が 


逆に お互い 生かしあって


そしてなじんでいるではないか・・・!!




そんな風に感じる今の自分・・・・



40年のマジックにかかったかな・・・?



学生時代の昔と違って



楽しく 見て回れたことが うれしい・・・



それこそ 孫マジックだったのかな~~~・・・?!?





IMG_4706_convert_20120830225703[1]
安藤泉 「勢魂」














関連記事

COMMENT

うん、 以前は 私も あっちゃんと同じく 自然と相反するものに見えてたのよね~~

それが 40年も経って今度観たら なんだか それほど 違和感が無くて、、、、我ながら 不思議だったのよ~~~!

で、、、孫マジックかな・・・?・・・と思ったり、、、

それぞれ、、いろいろ、、だなぁ~~~と感じた次第でした~

2012/09/11(火) 00:26:14 |URL| #- [EDIT]
私には自然と対立しているとしか思えない作品なのよね。
特に、「歩く花」には。。。
でも、違和感を感じさせたり、嫌悪感を感じさせたりするのが芸術のひとつの顕れというのもわかります。
ヘンリー・ムーアとおいちゃんには、共通点があって、のびやかな、どこまでも広がっていく温かなエネルギーを感じるってこと。
おもしろ~い!
2012/09/09(日) 04:53:53 |URL|arama6 #W8O0ezR2 [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。