スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画/母と子シリーズ/№8「と」№9「ち」№10「り」

06-02,2012







母と子シリーズ「と」
木版画・母と子シリーズ「と」1995(60×30㎝)




昔 子供の頃は 夕焼けが暗くなるまで 外で遊んでいると

人さらいに さらわれてしまうぞ~~!」

と脅かされたものだった。

(もう~~ 50年以上も昔のこと・・・!!)




「人さらい」・・・

それが どんなものか  わからなかったけれど

年寄りや 大人達の言うのを聞いて 

さぞ 恐ろしげなものに違いない・・・と 

こども達は 怖がった。


まだ もっと 遊んでいたい気持ちながら

「またあした~~~」 と、

こども達は 急いで 散って行った


そんな人さらいのイメージで彫ったのがコレ ↑





子を亡くした母は 人さらいになるかもしれない・・・


子を さらい  抱えて 風のように 去る・・・




(「母は子を抱きて疾走す」のタイトルで 1997年に コレより小さいサイズも彫った)





 

母と子シリーズ「ち」
木版画・母と子シリーズ「ち」1995(60×30㎝)







寝っころがっていると 喜んで 身体に 這い登ってくる、、

一生懸命 よじ登る、、

ちっちゃな手が あちこちつかむ、、


うふふふ、、


猫の子みたいに じゃれて 


うふふふ、、


夢のなか・・・




(「子は母の背中で夢をみる」 のタイトルで これより 小さいサイズを彫っている。)








母と子シリーズ「り」
木版画・母と子シリーズ「り」1995(60×30㎝)







なんにせよ 自分の子育ての時は 


味わう余裕が足りなかったなぁ、、


もっと ゆっくり ああすれば~、、、、


もっと ゆっくり こうすれば~、、、、





孫と じゃれて 楽しい婆は 思うのだった・・・





若いお母さんが 余裕を持って子育て出来る環境、、


そこには 助っ人、、


ジジババとか 助っ人がいると いいね~~




主人の母は 定年後 70歳でも  長男をおんぶしてくれていたなぁ、、


今更ながら 「お婆ちゃんありがとう!」





(小さいサイズは 1997年 「あのね、なあに」のタイトルで、、)









作品通し番号80・81・82






関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。