スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画/おっぱい話シリーズ№4~6「母の授乳風景」「乗りものの中で授乳」「おっぱいって不思議」

09-24,2011






   スキャン0007
木版画 「母の授乳風景」 1988 (25×20㎝)




母の授乳風景・文



だから 赤ちゃんだった私は まだ 飲みたりなかったのでしょうね~

婆たちが 母のおっぱいから私を離そうとしても

もっと飲みたくて 乳首をくわえたまんま(!)なもんだから 

乳首が 伸びたんだそうな~~・・・












o2_convert_20110924072529.jpg
木版画 「乗り物の中で授乳」 1988 (26×21㎝)





乗りものの中で授乳




今は 人前でも授乳できる服(!) というのがあって 

人目を気にせずとも 楽~に 授乳できるようになりました

便利ですね~


母の時代は 立派な胸を 堂々と広げて 授乳している姿が普通で(田舎だったからかな、、、)

「あ~ 飲んでる 飲んでる!」な~んて 喜んで 

周りからも 覗きこんでる姿を

当たり前のように見て育った自分だったから 電車の中でも授乳できたのかなぁ~~ 


















繧ケ繧ュ繝」繝ウ0001_convert_20110924074411
木版画 「おっぱいって不思議」 1988 (22×20㎝)




おっぱいって不思議・文




2週間近く お産した娘の処で手伝いしてる時 

やはり 陥没おっぱいで(遺伝しちゃってゴメン!) 

赤ちゃんが泣いて  私の乳首をくわえさせましたが 

母のようには おっぱいは滲んできませんでしたね~~


「自分のおっぱいが出たら・・・」な~~~んてこと 考える母だからこそ だったんでしょうね~ 

いつからか 

「何でも 思えば 成るんだよ・・・」って言うのが

口癖の母だったからかな~~~











作品通し番号49・50・51


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。