スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画/家族・暮らしシリーズ№1「えんがわ」

08-23,2011








繧ケ繧ュ繝」繝ウ0159_convert_20110823030434
木版画 「えんがわ」 2001 (33×23㎝)






子供の頃は 縁側が みんなの社交場だった


年寄りお婆さんが 出す お茶請けは まッ白い砂糖にのった梅干ひとつ・・・


もちろん 我が家の梅で 木の樽に浸け 縁側で天日に干された梅干


コレを 銘々皿にのせてだすわけじゃない


掌に のせてあげるのだ  


掌がお皿・・・だった!


掌で受けた お茶請けを 少しずつ舐め乍ら 緑茶をいただく


当時は 今みたいに 溢れるお菓子があったわけじゃないから


あまいもの といえば  


台所の甕の 黒砂糖のごつごつした塊から できるだけ小さいのを探すか、、


ざるに干されたサツマイモの乾燥芋か、、 


ゴロゴロ大きくて まっ黄色の蒸かし芋か、、 


軒下の干し柿か、、


そんなものしか なかったが 


それこそが 今思えば ナント贅沢な おやつだったろう・・・!!



そうだ! それに 季節ごとの実りがあったじゃないか!


柿 ・ 栗 ・ 枇杷 ・ 無花果 ・ 金柑 ・ 田植えグミ ・ 桑の実 、、、エトセトラ、、、




お茶だって 小さい頃は 手で茶摘みをした記憶がある


おじいちゃんが 汗だくになりながら 「ホイロ」で製茶にしていた


茶柱が立ったとか 立たないとか一喜一憂していたが 今はあまり茶柱も見ないなぁ、、、




この版画に彫られている お茶請けは 「たくあん」


その家々の 漬物もお茶請けだった


微妙に 違った その家独特の味があった


我が家のが 一番旨いと思っていた


母83歳 


「もう重くて 漬物石が持ち上がらないよ・・・」


と言いながら 小ぶりの石を重ねて 


昔は木の樽だったが 今は小さなプラスチックの桶で浸けている



若いもんは食べないから・・・・と言って、


帰省すると 白菜だったり 茄子だったり その時々の古漬けを持たせてくれる


ちょっと酸っぱくなった古漬けは ゴマ油でいためて ちょっと醤油を絡めていただくと


旨い! 




今に比べたら 何もなかったけれど


あの頃のお茶請け・・・最高に 贅沢だったんだ!!!



防腐剤 も 添加物 も 着色料 も 


放射能の心配も な~~~んにもなかった。。。



「えんがわ」・・・ 


お日様を浴びながら なんて ステキな 社交場だったんだろう!!!



(昭和20年代・30年代初め頃の記憶です)











作品通し番号44


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。