スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画/祈り・言霊シリーズ№4「マシュラ」

08-15,2011






masyura1_convert_20110814195703.jpg
木版画 「マシュラ」 1993 (80×60㎝)





ある時  「いつも笑顔で いいお母さんなんでしょうね~~~」 と言われて困った


母子の 楽しいところばかり彫ったりしてるから そう思われても 仕方ない、、


で、彫ったのが この 「マシュラ


ママ」 + 「アシュラ」 → → 「マシュラ」  私の勝手な造語である



こんな時もあるよ~~~!!




まだ 子供達が小さかった頃は 毎年 盆と正月に帰省していた


長男が 3~4歳頃だったろうか


大きな掘り炬燵で みんな それぞれ 食べたり 飲んだり お喋りしたり・・・


と、、、


貴様 ! 表へ出ろ !


突然 父の大きな声!  


長男の跡取り息子 (私の6歳下の弟) に向かって 


いつの間に 持ってきたのか・・・


床の間の日本刀を 弟の顔の前に突きだして 怒鳴ってる!


と、、、すかさず、、、


お父さん やめてください!


弟のお嫁さんが 父の前に 立ちはだかった!! 


大の字 に手を広げて・・・・


で、事なきを得たが、


わが娘と息子は  顔を手で覆って 私の膝に突っ伏していた、、、





そうなのだ! 私の内にも 父の血が流れてるのだ!




私が知る限り 実家は ずっと  4世代家族だから  ナンダカンダと 問題は絶えない


嫁姑問題・・・・嫁小姑問題・・・・夫婦問題・・・・親子・・・・兄弟姉妹・・・・親戚・・・・その他問題エトセトラ、、、



そんなことは 山ほどある !!



とっくのとうに 代々 離婚してても おかしくない・・・・


母が あまりのことに 占い師さんに観て貰ったら


「・・・親子代々不仲にして・・・うんぬんかんぬん・・・」 


隣近所の方からは 「オメはなんでここへ嫁に来たんだい?、、帰った方がいい、、」


とまで いわれたと言う、、、


それでも  曾祖母は母を誉めていたし 


母は 曾祖母の息子(障害があって寝たきりだった)を


専業農家の嫁でありながら 毎日 五右衛門風呂に入れて 60過ぎて亡くなるまで世話していたし 


跡取り娘で 我儘だった101歳の祖母も 見送ったし 


今は ひ孫が2人もいるし


帰省すれば 母の布団にもぐりこんで 背中にくっついて寝てる 私という娘もいるし


お嫁さんと 取っ組み合いの喧嘩をしていた もう1人の妹もいるし、、、


4人兄弟の末の妹は 毎度必ず 父母とハグしてから 帰りの車に乗り込むし、


すると まるで ドラマのような光景が 帰省の度に展開して


私まで 妹にハグされて   


その影響で この私まで 父母とハグしてから 帰りの途につくようになって、、、




うれしい気持ちだ、、、




要するに 長~~~~くなってしまったが 



そりゃぁ~~~~色々あって 母子シリーズが生まれてきたんだなぁ~~~~~・・・



今年は 93歳で逝った主人の母の3回忌 明後日17日は命日で 墓参り


主人の兄弟達と 富士山の麓へ行く 


そこに墓があるから 遠くて 年に一度だけれど 


義母は 70過ぎても 息子をおんぶしてくれた




今更ながら 感謝にて・・・・

(お義母さん  お陰様で 娘も息子も立派に巣立ちましたよ。 もうすぐ 孫が生まれます。)

2011年 盆 にて。








作品通し番号42



関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。