スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画さし絵シリーズ№1「のりうつぎ(葉)」№2「のりうつぎ(花)」

07-27,2011


noriutugi_convert_20110727115853.jpg
木版画 「のりうつぎ(葉)」 2007 (40.5×30㎝)







還暦過ぎて書き始めた 恩師の小説


タイトル「のりうつぎ」
 

春先  中位の木に 房状の真っ白い花をたくさんつける


その「のりうつぎ」を本の表紙にしたいと 恩師から依頼があった時は 


どんな木なのか 田舎育ちの私も知らなかった


季節を待って対面したのりうつぎは  子供の頃 名も知らず目にしていたそれだった


思わず目を見開いてしまう ハッとする白さだった










IMG_6278_convert_20110727121013.jpg
木版画 「のりうつぎ(花)」 2007 (40×30㎝)







本になった 「のりうつぎ」 神山奉子著  下野新聞社


noriutugi2.jpg


著者は宇都宮市在住の元高校教諭。

同作品で2006年、「宇都宮市民芸術祭」の「芸術祭賞」を受賞している。

龍笛を吹く邦生と画家を志す茜は東京で出会い、愛し合う。

結婚して茜の出身地、栃木市に住む2人の間には、笛子と笙子という娘が生まれた。

物静かな笛子と天真爛漫な笙子。

やがて笛子は父親に笛の手ほどきを受け、穏やかで優しい演奏をするようになる。

父親を慕い崇拝していた笛子。

だが、15歳の夏 一家で訪れた海での出来事以来 笛子は父親と口をきかず演奏も変わった。

だが 笛子が思いもよらないところで、 父も母も苦しんでいた。

お互いを愛するがゆえに苦しむ家族像を丁寧に描き込んだ力作。

(下野新聞社の書評より引用)








通し番号40・41

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。