スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄文の里で 「縄文の母」 を彫った

08-21,2015








DSC_0131_convert_20150820144953.jpg
(完成直後・Mちゃん撮影)





DCIM1029_convert_20150820153324.jpg
(彫り始め)




7月の1か月間では  終わらなかった、、、、


約2メートルの大木を そんな短期間に彫ったことは無かったが


缶詰め状態なら出来るかも知れない、、、と思った、、、


甘かった、、!!



しかし、助っ人がいた!!



注文主の堀田家 の まん前に住むHさん

まるで 堀田家お抱え 土木作業のプロ

この大木を重機で吊って移動してくれたり、、 台座を高くしてくれたり、、!!!


「いつでも なんかあったら 俺に言ってくれ、、」   


Hさんが 居なかったら 下の方は彫れなかったなぁ・・・・


堀田さんいわく Hさんは女性にはやさしいからとのこと、、


にしても、 天の采配のような人だった・・・


DCIM1144_convert_20150820162901.jpg
(真先に声かけてくれたHさん)






制作中の写真は 1か月経って 迎えに来てくれた主人が写したもの、、

制作中の写真なんて・・・大学時代以来! 




IMG_1134_convert_20150820154630.jpg
(ちょうど1ヶ月目)




堀田家ガレージで彫っていると

通りすがりに 色んな人が声をかけてくる


DCIM1114_convert_20150820150446.jpg


近所の小学生が登校前に、、、


お喋りな子  ひょうきんな子  黙ってる子・・・みんな違う、、




DCIM1152_convert_20150820153950.jpg


美人でスタイルのいいKちゃん  帰りに寄って おしゃべり・・・


週5日はダンスのレッスンとか、、時に好きな子の話、、

「おばちゃんは クラスに好きな人いた?」

「う~~~ん、、、!?」、、  

50数年前。。。???





1436893208269_convert_20150820150347.jpg


孫が あちらのじじばばと 娘夫婦と 陣中見舞いに来てくれた。



他にも 近くに住む大学時代の同級生たちや友人が訪ねてくれたり、、、








ある時は  男性だったが 

「ここは 縄文の里だから これは 縄文の母 だね~」と話して行った。


堀田さんも「縄文の母」が気に入って 決まり~!!


(もともと このデッサンには「幸せモフモフ」というタイトルが付いてたが 
堀田さんが言うと 何故か 「幸せフワフワ」・・・になって 覚えてくれなかったから 丁度良かった)


この辺り一帯は 大昔 縄文人が住んでいたところ。

近くには「茅野市縄文考古館」があり、

2つの国宝「縄文のヴィーナス」と「仮面のヴィーナス」がある。



DCIM1063_convert_20150820161742.jpg
「縄文のヴィーナス」



DCIM1062_convert_20150820161712.jpg
「仮面のヴィーナス」


縄文人が何万年も何故ここに住んでいたか?・・・・しばらく滞在してみて肌で感じた。


何故か ・・・?  いいところだから。



まさに 縄文の里で 縄文の母 を 彫らせていただいた!!




途中一度帰宅したが また、すぐ戻って お盆前には仕上げねば、、、と、奮起。

ラストスパートは 3時起き 5時から彫ったお陰で8/12日には完成!

今年は妹の初盆だったから お盆までには仕上げたかった。



それに  39日間で彫れたのは 缶詰で 「仕事三昧」が 出来たお陰!


初めて 「仕事三昧」の味を味わった。



大変だったけれど しあわせだった。。。

苦しいけど 楽しかった。。。

こういうのを 至福の時間と言うのだろう、、


「仕事三昧  は  至福の味」


現場は外で 長野でも暑かったけれど  さほど感じず集中出来たのは

その至福の味のお陰かもしれない、、、





そして 堀田さんの上げ膳据え膳のお陰・・・!!


DCIM1115_convert_20150820195316.jpg
(ある日のお昼 堀田さん弁当)

弁当ばかりでなく  土日は  あちこち外食にも連れてってもらったり

(観光地長野だから すぐ近くに色んな店がある)


10時と3時には 必ずお茶かコーヒー、お菓子や果物 漬物などなど

いつも 美人従業員のYさんや他の方が運んでくれて

暑くないかと心配してくれたが  屋根の下だから意外に平気だったのだ



DCIM1149_convert_20150820165048.jpg
(いつも気遣ってくれたYさん)


堀田さんは朝4時起きでみんなの弁当作ってから 社長の娘さんと仕事に行く、

多い時は10人分位になるそうだが その中に私の弁当も加わった、

しかも昼と夜の分、

時々 夕方 早目に 「はい!夜の弁当」 と言って渡してくれると

「パソコン教室行ってくるね~」と言って出掛けた。

電話かけてるのが 堀田さん 撮影中も 仕事中~~
               ↓


IMG_0876_convert_20150820151431.jpg
(私・娘さん・堀田さん・ご主人)



年齢70うん歳、、超元気で 従業員のMさんは 「堀田さんは人の4倍働いてる」 と言っていた、

確かにじーっとしていない、食べるのも早い、何か決めるのも早い、

思ったらすぐ行動、、、が運転は意外に慎重~!


朝から来客も多いし(昼間居ないからだが・・・)皆早起きだ!

ラストスパートで5時に行っても 

「はい!目覚めのコーヒー」と言って パジャマ姿の堀田さんが持ってきてくれた!!!


従業員さん7人の会社経営のほかに 

お父さんの油絵を展示した「五味保記念館」を運営し

10人分近い弁当を作っているというのに

台所はピッカピカ!

最初この台所を見た時は ここで 料理教室をしてるのかな・・・?と本気で思ったほどだ!

それくらい 余計なものが何も無くて 収納されてるから ここ使ってるのかなぁ・・・?と思ったのだ


それに家の中ばかりでなく 庭は ほぼ毎日 Tさんが手入れしてるから 実に清々しい

「綺麗じゃないと そこから 魔がはいるからね!」と堀田さんは言う

どうりで 堀田城(?)は 気持ちがいい



DCIM1148_convert_20150820195523.jpg
(母屋の前庭)



DCIM1128_convert_20150820195609.jpg
(五味保記念館の前庭)



DCIM1137_convert_20150821093347.jpg
(Tさんの作る石庭)




DCIM1134_convert_20150821093504.jpg





部屋の 高くて大きな窓からは 空まで見えるこの庭に、

木彫が置かれる予定だが 設置されたら 写真を撮りに行こうと思っている

記念館は常時開館してないが 連絡して訪ねると開けてくれる

コーヒーやお菓子まで付いてくる、、、

もしも 「縄文考古館」に行くことがあったら 

「五味記念館」と「縄文の母」 も訪ねてみてください。

Tさんが 庭掃除してるかも~~
  ↓

DCIM1125_convert_20150820162732.jpg
(広い庭をいつも綺麗にしているTさん)



Tさんは 時々 彫ってる所にやってくると 

「いいねいいね~いい表情だね~和むね~」と 声をかけてくれた

いっぱい背中を押してもらったんだなぁ~~と  今頃気付く。。

やさしい人たちがいっぱいだった、、、


第2のふる里 になった気がする




寝泊まりは諏訪湖を見下ろすマンションで、

その最上階には温泉、

露天風呂あり!!!

長野に行く前は 痛かった右肘の内側が 彫ってるうちに治ったのは

露天風呂が効いたのかもしれない・・・




DCIM1059_convert_20150821090411.jpg
(部屋から諏訪湖が一望できた)





DCIM1055_convert_20150820153632.jpg



行って6日目  夕方 ふと裏山を見ると・・・・

鹿が2頭・・・!!  

柵があるのに 柵を越えて 草(?)を食べている


滞在中 鹿を見たのは この時だけだったが、、ラッキーな珍しいことだったらしい



それから、早起きのお陰で  ツバメの巣立ちも見られた


うす暗いうち玄関を出ると 多分近所のオジサンが  


「ほらほら!もうすぐツバメの雛が飛び立ちますよ!」と声をかけてきたので 一緒に見守った


親鳥が 4羽の子が 飛び立つのを 促している


間もなく 一斉に飛び立った、、一瞬のことだった、、


そのおじさん 「今日は きっと いいことあるよ~」 と言ってった



DCIM1112_convert_20150820153903.jpg
(4羽の子と 親ツバメ)





後半戦は 

夜はもちろん

朝まだ暗いうちに温泉入ると  身体にスイッチが入った。

車の少ない20号を運転しながら 制作現場までの道のりは これもまた至福の時だった。

朝焼けには 何度も涙した

夕焼けにも泣いた 
 


DCIM1186_convert_20150820163242.jpg
(すぐに変化してしまうが  幸い撮れた一枚  ・運転中撮れなくて、、 )



山々も雲も 今まで見たこともないような色調が現れては変化していく、、

あんまり美しいから号泣した


あぁ~地球はうつくしいなぁ~~~


思わず声に出た。





うつくしい縄文の地で 縄文の母 が彫れたこと・・・


・・・もう夢のよう・・・。。。


・・・まるで  プレゼント・・・。。。




DCIM1110_convert_20150820153726.jpg



今回の長野では多くを学んだ

・仕事三昧の味

・早寝早起き  のお陰で   水色の山々 や 雲と空のドラマなど、、見れた

  私のまだまだ知らない色がいっぱい!



・堀田さんの1時間は 2時間3時間にもなる

  時間って 人によって違って   伸び縮みするのかも、、、





そして 今回も  彫っていて思ったこと!

・木を彫るのは 人生と同じだなってこと、、、



  今更だけど、、



例えば、、

目の形が気に入らないから彫り直そうと思った時、

鼻や口はいい形だから そのままにして   ダメな目だけ彫り直そう  としても

それは出来ないってこと。。。

すべて繋がってるから ココだけ変えるっていうのはありえない、、

いいところは残して ダメな所だけ彫ろう、、は 通用しない、、、

全体良くしたかったら  一番ダメなところに 焦点当てないと 変えられない、、、


ダメを 変えれば すべてはそれに呼応する




せっかくここは良く出来て気に入ってるから  

そのまま彫らないでとっておきたいなんて思ってもムダ



すべて繋がって 影響し合って 全体が響き合ってるから・・・






 やはり 前回のブログにも書いたが 「創造は破壊」

彫ることは壊すこと 壊して壊して もう壊せなくなった時が その時の 自分にとっての完成で、


99,999パーセントまでは まだまだ終わらないんだけど 最後一瞬にして ひっくり返る、、、

ひっくり返って 突然 終りが来て完成!

そうすると 

ここはいいからそのまま取っておきたいと思った鼻や口も 

ダメだった目を彫り治したお陰で 

更によくなってる!

いいところを残して 全体よくしようとしても 良くならなかったが

一番ダメなところをなんとかしようとすると  


 いいところは更に良くなってる、、という結果が付いてきた



いつもながら

そうか そういうことか~~~

ニヤニヤ・・・

一人で こんなことを 面白がっておりました。



それに いつからか

形が決まると 私の胸の真ん中辺り  

乳房の間 (胸のチャクラ・・・??) が 反応する

なんと言えばいいのか、、、気持ちのいいものが走る

すーっとする、、、というか何というか言葉が無いが

その感覚がやってきたらオッケー


それに 全体が響き合ってるから じーっと見てると

昔話じゃないが、木が ここ彫れワンワン  と言ってるような気もする


木そのものが 違和感を感じて  ここが変だよここ彫ってよ!と言ってるような、、、



というわけで

ただ 木を彫ってるだけでも  色んなドラマがあります。


今回 長野では 色んな人にも出会って 更にドラマもいっぱい生まれた!!





縄文の里の やさしき人たち  に こころから 感謝を込めて。。。



追伸

「木も用意してあるで~~~身体ひとつ彫りに来てくれればいいで~~~」


1年前に 用意された木は  クスノキ


もともとあったヒビが  ちょうど女の子のほっぺたに 位置してしまった


初期の段階で  これはいずれ ヒビを埋めに又来なければいけないな  と思った


彫り進むと  やはり 木が濡れている


まだ、1年前購入の木だから 乾燥が足りなかったのだ、、


ヒビも増えてきた


湯田さんに聞くと 2~3年はそのまま乾燥にまかせて ヒビ埋めはそれからがいいと言う
   ↓
(過去のブログに何度か登場している  ねこの手工房の湯田さん)

http://kiborikko.blog94.fc2.com/blog-entry-116.html

というわけで  2~3年後  また 第2のふるさとへ、、、。


写真追加

DCIM1214_convert_20150820150542.jpg
(お尻~)


ある人いわく  お尻が色っぽいね、、、だって~



DCIM1200_convert_20150820150737.jpg
(正面)


実際 設置場所に置かれたら 光の具合で どう変化するか、、、楽しみ、、、。










COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。