スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊 と 創造

04-17,2015

破壊  と  創造

タイトルだけ見たら 仰々しくて なんのこっちゃ~~~  ですが

実は 何の事は無くて いつも 木を彫ってる時に  思うことなんです。。。


今彫ってるのは   「大日如来」さん

元は 一本の丸太・・・注文主さんちの屋敷で大きくなったクスノキです







DCIM0736_convert_20150417083006.jpg
(5月の 巣鴨のとげぬき地蔵さんでの 「ほとけの造形展」に展示する予定・・・・間に合うんかい?)


        


大学で 彫刻科の中にはありましたが、

仏像修復専門の 保存美術を専攻したわけでもないのに

いつの間にか 母子像などのほかに  仏像もどき・・・も

「勝手仏」 とか  「のんのさま」 とか称して 

勝手に 彫るようになったのですが、、、




シャンバラからの情報によると  大日如来さんというのは

あの 曼荼羅図 の中央に座ってる方で 軍のトップの役職名のようなんです

つまり 曼荼羅図というのは 平たく言ったら 軍の組織図みたいなもの、、、

                 ↓ こちらを参照

   http://ameblo.jp/aromlinea111/   ベスのブログ  の

   http://ameblo.jp/aromlinea111/entry-12000917206.html    




今までは 観音さま系・・・勝手に 母子観音などと 名づけたりして  

慈悲・・・のイメージのものばかり 彫っていたのですが

注文主さんの 意向で 大日如来さんを 初めて彫ることになって

でも 同じ仏像でも 今までとは違うぞ~~~という感覚で なかなか進まなかったら

上記のブログで  大日如来は 軍人さんということがわかって  なるほど~~~~!!!

それで 厳しい顔の表情も 彫り進めることが出来るようになって  実にグッドタイミングな記事でした!!!


それまでは ほとんど 笑顔系・・・の顔ばかり彫っていましたからね~~~

身体つきも  丸っこくて  優しくて  撫で撫でしたくなるような、、、



ところが 大日如来さんは そうはいきません、、真逆です、、

(それでも  私が彫ると 、、、

う~~~~NN   丸いかぁ~~~、、、、、、、?!?)



というわけで 今まで以上に  

破壊  と  創造についてあれこれ思ったのですが、、、




彫る  ってことは   破壊する ってことで

一彫り一彫り  現状を 壊してるんですよね、、


常に 今の状態を  壊して壊して   壊すことが 進むことで


ある時  これで止めよう・・・・って思った時が  たった一瞬   破壊が 創造に転換する時、、、


創造って  その 一瞬でしかなくて  それまではずっとずっと破壊の連続、、、



荒彫りくらいの段階だと  彫る  =   つくってる   って感覚はあるんですが

ある程度 形になってくると  彫る  =   破壊  で


でも 現状を壊すのって 大変だし  めんどくさいし  ならば 現状維持で行きたいし  ・・・・・

けど、 そのままだと どうも 落ち着かない、、

とてもじゃあないが  やめるわけにはいかない形なわけですよ、、  

つまり、 納得できる形じゃない、、  

しかも 彫刻は立体だから 360度  あっち彫ったりこっち彫ったり、、、

最後の妥協点の やめよう、、、というところまでは

壊して 壊して 壊し続ける しかなくて・・・



(もしも ここで やめようと思わなかったら  壊して壊して 壊し続けて どうなるんでしょうね~~~???

そこまで まだ 行ったことないから  わかりません。。。)



創造って 最後の最後にやってくる  一瞬なんだな~~~って思うんです。

木が素材だから 余計に 感じるのかもしれませんね、、

粘土みたいに 付けたり 取ったりだと  そんな風には  あまり思わないかもしれません、、

彫って  削って すすむ しかない素材だから  

彫る  =  破壊  =  創造  なんて思うのかも。。。


最後の  ここで 止めよう・・・って思うのだって 搬入という期限に迫られてのことが多いから

もしも  期限というものが 無かったら  一体  どうなるんだろう、、、??



因みに  過去記事に書いた 彫刻家の湯田良夫さん は  かなり 長いこと 

継続的  断続的に フクロウ を 彫り続けているなぁ~~~。。。

                 ↓ そのフクロウさんは こちら

        http://kiborikko.blog94.fc2.com/blog-entry-118.html

(この ふくろうさん 迫力です!!)
 



私も 期限で止めるんじゃなくて  ほんとに 止め~!って思えるまで 彫り続けるようなもの・・・・

あったら ワクワク・・・・・!!!




このクスノキ、、、彫り進めて行ったら、、、中心に 「うろ」が・・・ありました!!

丸太の時は 外からじゃわからなかったんですけどね、、

たった 一本の木に向かい合ってるだけでも、

ドラマが いっぱいあります!!!


DCIM0740_convert_20150417083038.jpg
   ひとりごと・・・・(にしても、、、記事書いてて  間に合うんかい、、、?
でも お知らせしなければ   見てもらえないし~~~~、、、)



お知らせ  
ほとけの造形展



DCIM0741_convert_20150417133608.jpg



DCIM0742_convert_20150417131958.jpg
読みにくいですね、、、

会期・・・・5月10日   ~   17日まで (午前10時~午後5時   ・  最終日は午後4時まで)


        初日10日は 午後2時から (3時から オープニングパーティー)


場所・・・・高岩寺会館(巣鴨とげぬき地蔵尊)

交通・・・・山手線「巣鴨」       または       都営三田線「巣鴨」

在廊日・・・・10 日 ・ 14 日 ・ 16日 ・ 17日  (この日は終日います)


とげぬき地蔵さんは 若い人も結構居て いつも 賑やかですよ~


★  ホームページ
                   ↓
   宇賀地洋子の 木彫りギャラリー    http://www16.plala.or.jp/ugati/





関連記事

COMMENT

大変失礼しました。今頃コメントに気がついて、、、読みました。4月の投稿だったのですね、、、

それとも、私が読んだのに忘れてて 再度こうして メールしているのか、、、わかりませんが、

いずれにしろ

「水の中の太陽の写真を個展のハガキと一緒に投稿させていただきたいのですが、いかがでしょうか。」とのこと、、、

もちろんオッケーです。どうぞ、お使い下さい。

いりや画廊でお会いした原先生はお元気でしたが

最近は会って無くて、、いかがかなぁと思っています。

では今頃の返信失礼します。宇賀地洋子


> はじめまして。突然の連絡で失礼いたします。私は30年くらい前にお茶美で原先生にお世話になり、その後も時おりお目にかかっていただいているものです。私は武蔵美でグラフィックデザインを勉強しましたが、今はガラスを彫っています。
>
> 今度のいりや画廊の先生の個展をfacebookで同窓生などに紹介しようと思ったのですが、先生のくださったハガキに全く何も画像がないので検索していて宇賀地さんのブログにたどり着きました。もしよろしかったら水の中の太陽の写真を個展のハガキと一緒に投稿させていただきたいのですが、いかがでしょうか。もしよろしかったらお願いいたします。
>
> 私は富山在住ですが、ちょうどほとけの造形展の会期に上京いたしますので、ぜひ拝見させていただきたく存じます。私も夏にいりや画廊で個展をさせていただくのですが、ガラスに般若心経を彫った作品を展示する予定です。
>
> 突然の書き込み失礼いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
>
> ノジマ
2015/09/14(月) 21:16:40 |URL|宇賀地洋子 #- [EDIT]
パンダちゃん  久しぶりです。ありがとう!!
お子さん3にんとももう成人だよね、、
さっき、メールアドレス送りました。
届いたかな?
2015/06/01(月) 10:41:37 |URL|おいちゃん #- [EDIT]
構わなけばメールアドレス教えてください
2015/06/01(月) 00:30:43 |URL|Yukiko Naito-Fendrich #- [EDIT]
おいちゃん、お久しぶり!遠くから、ブログ全部読ませてもらいました。仏像の展覧会行きたかったなあ!
わたしも時間に関して同感です。次々色々な出来事や変化がある、子供が三人いれば当然かな。
2015/06/01(月) 00:25:53 |URL|Yukiko Naito-Fendrich #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。