スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風で思い出したこと

09-16,2013

雨戸の節穴から


じっと  雨  風  を見つめていた






IMG_5676_convert_20130916080541.jpg
2008    「雷さま」






子供のころ  故郷の夏の夕方は 決まって   夕立  が来た



「雷様(らいさま)さまが来るぞ~!」




夕立雲が それこそ もくもくと 地平線から立ち上がり


ゴロゴロ 」 が 俄かに近くなり


「ゴロゴロ ピッシャ~~~~ン 



「アッ  どっかに 落っこった、、」



閃光に照らされて 節穴の向こうが 浮かび上がる



庭一面に 無数の雨筋が生まれ 流れ・・・


さらに無数の半球の泡が 消えては生まれ 生まれては消え・・・



細い無数の川を 流れて行く・・・





隣家の  けやきの大木が 柳のように しなっていた・・・





そのさまを じ~~~~っと 節穴から 見つめる・・・




畏れ   と   好奇心 だったのだろう、、、



(全くの表現不足だから また彫ろう)








IMG_5679_convert_20130916080710.jpg
2008    「待って~~~ ついといで」







妹が 心の病で入院  初期のころは



長女を連れ 長男をおんぶして 良く通った



電車 バスを降りても もっと先で  川べりを歩いた



雨の時は こんなだった





今思えば よくついてきてくれた



その長女が もう お母さん・・・    



つい 先日


「おっぱい 飲まなくなった・・・」


とのメール




余りに急なことに びっくり



普通は 断乳となると 母子ともに 苦労するものだが



発熱したあとの  口内炎が 幸い(?)したらしい



何にせよ  2歳になったばかりで


自ら断乳したとは スゴイ





因みに 私の断乳時の苦労話は コレ (過去記事参照)

               ↓


木版画/おっぱい話シリーズ№7~8「私こっちボクこっち」「断乳」・№9「授乳」





しかし  ナニヤラ  寂しい・・・・


婆の気持ちが ナニヤラ  寂しくなった・・・


孫が おっぱい飲んでる姿を 見ているのが 嬉しかったのだと


あらためて 認識する婆、、



娘も 淋しい・・・と言ってきた



忙しいときに おっぱい~~~と寄って来られると 


困った困ったものだったが、、、



余りにあっけない 乳離れに とまどうのは 娘ばかりじゃなかった・・・



で、、、


急に  描いた



(主人が写していた写真をもとに、、クロッキー)


                  ↓

樹里授乳生後まもなく




授乳の娘の傍で じ~~~~っと見ている 自分の顔に気付くと



にやにや~~~~    にこにこ~~~~~~



自分では見えないが きっと 幸せ顔だったんだろうな~~~




どういうわけか


台風の話が  おっぱいの話になってしまった




今 ガラス窓の外の庭木は 風になぶられ  



視界いっぱいに ゴーゴーとしなっている





昔  雨戸の 節穴の 小さな穴から 垣間見ていた風景は



あえて誤解を恐れずに言えば、



ある種 美しく  畏怖を伴う さまだったような気がする・・・




授乳風景も あらためて 見とれる風景だったと



今さら  思う。。。






関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。