スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木版画・ひらがなシリーズ№6『か』&№7「き」

04-25,2011







№ 6
木版画 ひらがな 『か』 1999 (13×13cm)               





農家は 天気で 仕事をする 



(今は ハウス栽培が主流だから 昔ほど 天気に 左右されなくなったが・・・)

 

子供の頃 雨の日は 雨屋(アマヤ)で 藁仕事を していた



莚を 編んだり 俵を 編んだりしている 父 母 のそばで その手つきを 見ているだけで



そばに いられるだけで うれしかった 



母屋の座敷で 母が 糸仕事( 縫い物 や 繕い物 )など していたりすると 



なおさら うれしかったなぁ~~~









縮小 ひらがな「き」
木版画 ひらがな 『き』 1999 (13×13cm) 
                 




母の手は いつも 動いていた、、、



手が 空いてる ことなど あったろうか、、、



でも 背中は あいていた



大きかった背中、、、  うれしかったなぁ



自分が母になって 子を おんぶ したときの  あったかさ



背中が 覚えているなぁ~~~

  







作品通し番号6・7
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。