スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ・ ギャラリー懐風展その3   &   恩師の著書 『国蝶の生れ立つ樹』

02-15,2014





恩師が 本を出した

「国蝶の生れ立つ樹」・・・あれたつ樹と読む・・・ 

退職後 森の奥に湧きいずる泉のように書き始めて 4冊目(いずれも自費出版)!!!


その表紙を また 版画で飾らせてもらった







国蝶の生れ立つ樹(帯あり)





この物語が生まれたきっかけを 恩師に聞いた

郷里には 「榎塚(えのきづか)」と言って

大きな 2本の榎の木が聳える 塚がある

かつての「日光街道」の1里塚で 

昔 旅人は 傘のように広がった木陰で さぞかし癒されたことだろう

榎という樹には 国蝶の「オオムラサキ」が卵を産みつける

ある時 ウォーキングの会で そこを訪れた恩師の脳裏には

樹の股に 赤子の眠る籠が浮かんだという・・・捨て子・・・


そこから 物語は展開していく、、、   








国蝶の生れ立つ樹(帯無し)





その恩師が 一番好き~と言ってくれるのが コレ ↓

「母は子を抱きて疾走ス」  の版画!

各人各様で アレが好き、、 コレが好きとか言ってくれる言葉を聞くと

その人の心模様が かい間見えるようで 興味深い

この版画や彫刻の中には ドラマティックな物語の気配があるからだろうか・・・





スキャン0101


スキャン0116











母は子を抱きて疾走ス
「母は子を抱きて疾走ス」   木彫・桂




むかし 夕方 暗くなるまで遊んでいると

「人さらいに連れてかれるぞ~」と おどかされたものだ

だが その人さらいが どんなものなのか

なんの為にさらって どんな姿をしているのか   聞かなかったし 

誰も話してくれなかった

「人さらい」という言葉だけが記憶に残り  彫ってみた

まずは 飛んでること

何故か 怖くないこと   が イメージにあった

かくして 子を失くした 母が

さらって 飛んでく 姿になった







絵本時間
「絵本時間」  木彫・桂



孫が生れて間もなく

毎月絵本を届けてくれるぶっくくらぶに入会した
 
「も~寝よう~」と言うと

孫は絵本を 1冊持って2階へあがる

だが 最後まで 読んで寝たことがない

布団の上で走ったり ゴロゴロしたり

ばあばの 夢見る「絵本時間」には程遠く

ずっと先のようだ そして 

いつの間にか孫より先に寝ている

ばあば であった








子は母の背中で夢を見る
「子は母の背中で夢を見る」   木彫・檜




有る事情で全体傷ついてしまったが彫り直して蘇った

木 というのは 深くて 大きい

ちょっとやそっと 鑿で彫ったってびくともしない

そのくせ 顔などは ほんの少し彫っただけで

表情が すぐ変わる 繊細でもある

傷ついたまま 暫く寝かせておいたが彫る気になった

孫のおかげだ

ゴロゴロと背中に乗って来たり 膝に乗って来たり ババの魂が喜んだおかげだ

そしてゴロゴロゴロニャンは 

子らが長じて 夢見る時 

糧となるのだろう










授かりし
「授かりし」  木彫・桂




母はよく「授かりもん」と言う

私が生れた頃は まだ祖母もひい祖母も元気で

2人は実の親子 

ひい祖母には健康な男子が生れず
 
祖母が5~6番目にしてやっと生き延びた跡取りだったから 

そりゃ~も~ おんぼひがさで大事に育てられた

生涯我儘で自由で嫁の母を苦しめたが101歳で旅立った
 
その時の祖母の顔には驚いた
 
父いわく「生きてる時はブスだったが死んで美人になった」 

まさに 通夜の席で白布をめくった途端

「わ~~おばあちゃん きれい~」と叫んでしまったほどだった 

全て「授かりもん」

寿命も 生命も 家族もすべて授かりし










母さんが飛ぶかもしれない
「母さんが飛ぶかもしれない」  木彫・桂





子供にとって ある時期 母は世界の全てだ

子供を背中にのっけて「ヒューヒュー」と

飛ぶ真似 すれば

子供は ホントに飛んでるように感じるのかもしれない

「キャッ キャッ」と喜んだり

度が過ぎれば怖がったり
 
母も 大きな子をのっけては飛べないが

小さい子なら飛べそうだ

気持ちは すでに 飛んでいる











ほら つかまえた
「ほら つかまえた」  ブロンズ(木彫 原型)




風呂上がりの子は 裸が大好き

その まんまでいたい

大人だって真夏には しばしば裸でいたい

それなのに追いかけられて 

つかまって・・・

そんな 姿を木で彫った

それを ブロンズに鋳造したものが コレ

無垢なので とっても重い

ペーパーウェイトにも使える

「待て待てと追って喜び きゃら きゃら と追われて 喜び 風も 喜ぶ」









何か聞こえる
「何か聞こえる」  ブロンズ(木彫 原型)





「ほら何か聞こえるね~」 

「何だろうね~」

私の妹が 我が家に 同居していた頃

妹は実によく 子供達を可愛がって遊んでいた

まだ小さな子を 膝にのっけたり抱きしめたり   話しかけたり 

端で見ていた 私は 思わず

「しつこくなるからやめて‼」

と言ってしまったほどだ
 
だが しつこくされたその娘は今
 
いたって さばさばと 自分の子育てをしている

スキンシップして し過ぎる と言う事は

無いのかもしれない







続く、、









関連記事
スポンサーサイト

続 ・ ギャラリー懐風展その2 &  愛車との別れ

02-12,2014

今回 初めてのこころみ・・・

彫刻に 短文を添えてみた

読みながら じっくりと 見てくださる方が多かった





前回に続く・・・   

プラス   

愛車との別れ・・・







ハグ そのⅡ

「ハグ シリーズそのⅡ」 木彫・杉




普通  彫刻に 杉の木は使わないが

この「ハグ」の場合は 杉で良かった

初めから意図した訳ではないが

木目が目立って

それが却って 効果的になった気がする

人の年輪と 木の年輪が重なった

最近は 2歳の孫がハグを覚えて

ハグしてくれる

いくつになっても ハグは嬉しい








「あ」

「ひらがなシリーズ・あ」 木彫・檜(個人蔵)






ひらがなシリーズのきっかけは 「あ」

太い筆で描いた「あ」は

おっぱいをあげてるお母さんにみえた

因みに 「お」 はお父さんと子供

だから 「あいうえお」は お父さんも居て

家族が揃った

先日 ラジオで ある外人さんが

「日本は 人を丸くします」 と話していたが

日本語も 人を丸くするだろう











「せ」

ひら「ひらがなシリーズ・せ」 木彫・檜(個人蔵)






お母さんの膝にのって

抱っこしてもらえるのは

いつぐらいまでだろう・・・・

赤ちゃんは おっぱいよりも 下にいて

段々とおっぱいを超えて

お母さんの口元が見えて

眼が見えて 目線を越えたら 

もう 自然と抱っこも減るだろう

「せ」は ちょうど お母さんと

目線が同じ位置

それまでに いっぱい
 
抱っこ貯金だね










「そ」

「ひらがなシリーズ・そ」 木彫・檜(個人蔵)








目の前に お母さんやお父さんの背中があると

子供は 自然とおんぶしたくなるのだろう

背中に乗っておんぶして

ゆっさ ゆっさ ゆっさ ゆっさ

眠くなったのかな・・・・

先日も孫と遊んでいたら

背中に乗ってきた

元気な時は おうまさんで ハイドードー

眠そうな時は そのまんま

ゆっさ ゆっさ

ひらがな「そ」は そんなかたち










かいな

かいな」 木彫・檜(下野市記念品原型)






かいな とは 腕のこと

2歳の孫が 小さな腕をまわして

抱きついて チュッ‼

親をそっくり 真似してる

抱いたつもりが 小さな腕に抱かれて

じじ ばばは 幸せそのもの

大人は いっぱい いっぱい
 
小さき者 を抱いて

いっぱい 真似してもらおう










ただいまお帰り

「ただ今 お帰り」 木彫 桂(個人蔵)









母が 元気に歩けた頃は

見に来てくれるのは勿論のこと

自分の友人  知人に 案内状を出してくれたり

版画も 彫刻も 買ってくれて応援してくれた

この「ただ今お帰り」も 母のところからの借り物

今でも人一倍応援してくれている

感謝してもしきれない

いつだって 創作の原点は 母なるもの・・・・

母なる存在・・・・ふる里・・・・

それは いつだって

「ただ今」「お帰り」と受け入れてくれる存在だ











だっこっこ


「抱っこっこ」  木彫・檜(?)






孫が うまれてからというもの

いっぱい  幸せを貰っている

小さき者  を抱けるということは

何という 幸せだろう 

魂が喜んでいる

だから 誰でも 

知らぬ間に笑顔になる

ただ見てる だけで 笑い顔だ

それは 自然な 笑顔

出来るだけ  長~く 抱っこできるように

ゆっくり  ゆっくり 

大きくなって ほしいものだ










ところで  前回  車が無かったので・・・と書いたのは

去年の暮れ 廃車に。。。。 

長年  お世話になった愛車です

  


IMG_20131211_101502.jpg


いつからか   ちょっと長い時間運転すると

猛烈に眠くなってしまって

途中 仮眠しないと  ダメになって、


夕方娘の家を出て わが家に帰りつくまでに

1度はコンビニで仮眠をする、、、

すると 普通なら2時間のところを 午前様になること しばしば!!!


「運転で緊張してたら 眠くなんかなれないだろう・・・!!」と言われたけれど

運転が大好きなせいか 緊張せずに  むしろ リラックス・・・!!

まるで、応接間の椅子に深く腰掛けたようで

好きな音楽かけて

ハンドル握っていたら

そりゃ~もう~最高~~

だから 緊張とはほど遠い、、、
 
それに おっちょこちょいで 

大きな事故はしなかったけれど 

ちょこちょこと ぶつけたり・・・ こすったり・・・

何かと JAFのお世話にもなったり・・・



ある時は ふと気がつくと 目の前に こちらに向かってくる車がいる!

20メートル先くらいだったろうか、、

一瞬 何故 目の前に車がいるの・・・?と思ったが

とっさにハンドルを切って 自分の車線に戻って 事なきを得た、、、

もし 目覚めるのが 後少し遅かったら・・・・





そんなこんなで  

とうとう 

「大きな事故(人身事故など)やる前に 車はやめなさい 」  と主人からダメだし。。。

それに 経済的な理由もあるし・・・で

愛車と別れることに・・・

でも 

運転そのものは 大好きだし 高速道路大好きなんですけどね~~~




もともと  隣の市のアトリエに通うのが 主な目的だったから

もう アトリエは借りてないし、 

まだ都内に通勤の主人は ほとんど乗らないし、、、

ところが、

俺は車は嫌い・・・と言いながらも

今回レンタカーで 個展の搬入搬出をしてくれたのは 主人。

搬入準備で徹夜明けの私は 隣で グーグー、、、、

搬出しての帰りも ホッとしてグーグー。。。。





思えば 

淡路島や 東北や 九州まで 旅してくれた愛車でした。。。

お世話になりました。

ありがとう!!!




今は 自転車と 歩きが 増えました。

  
  
  
  








関連記事

ギャラリー懐風展(2014.1/11~ 18)

02-10,2014



彫刻主体の 2回目の個展!!!   ( 去年暮れが1回目)


1989年の第1回目の個展から 数えて25年!!!


その間 彫刻は 無かったり 有っても数点・・・の 版画主体の展示だった。



やはり 彫刻は時間がかかるし


彫っても 幸いなことに お嫁入りしてくれて 手元には残らなかったりして


なかなか出来なかったが


やっと 出来て 一区切り・・・


なんだか 


「本番は これからだなぁ・・・やっと スタートに立ったみたいだ・・・」









  
「ギャラリー懐風」は

栃木県真岡市にあって、私の母校(高校)の近く、、鬼怒川寄り。 

天井が高く スペースは普通の画廊の3倍以上はあるだろうか、、










風景1



オーナーは 車いすの渡辺さん。

28歳の時 マラソンの最中に 交通事故に遭い 車椅子に、、、


以来28年が経ったと言っていた

画廊を始めてからは 15年くらいらしい、、

可愛い娘さん(Aさん)が サポートしている。



期間中  お客さんが居ないと Aさんとお喋り、、

とても 気持ちが和む、、






風景2




母校の同級生が搬入搬出の手伝いもしてくれたり

家に泊めてくれたり

本当にありがたい!!!


今回は 車が無かったので 期間中ずっと 2人の同級生の家に世話になった。。。!!!

2人とも料理が上手だから 個展の後は 体重増加!!!

搬入前夜は 徹夜しての 準備だったから

もう 天国気分で すっかり 世話になった!!!


 感謝してもしきれないなぁ・・・






風景3




彫刻 32点

版画54点

合計86点 の展示







彫刻には 今回 初めて 短い文章を 作品の横に 添えてみた



なので、


写真が前回と重複しますが   「星のミュージアム」での写真と違って 


広い空間の下だから 写り方が違って それもまた良し、、、かな、、、








ででんぶん
   「ででんぶん」     木彫・檜



孫の初節句の祝いに彫った

弓は あちらの「じいじ」の手作り

だから こちらの「ばあば」と あちらのじいじの 合作祝い 

集合すると 孫1人に 

あちらと こちらの爺婆4人 

あちらと こちらの叔父 2人 

親が揃って計8人‼ 1対8だ‼

そんなアンバランスにもめげず

アレルギーはあるものの 孫は元気だ

ありがたや‼

健やかに

両足踏ん張って

ででんぶん・・・・と育て‼










「い」
      「ひらがなシリーズ・い」    木彫・檜




昔空き地や田畑には 大きな土管が積んであった

幼児の背丈以上に大きかったから

登ったり

中に入って大声を出してみたり

恰好の遊び場だった

孫は今 どこか すっぽり入れる場所があると

たとえ引き出しだろうと 

入って座ったり
 
いつぞやは 籠の中にお尻がすっぽりはまって 抜けなくなって 

その時の孫の情けなさそうな顔といったらなかった 

もしタイムスリップして

空き地の土管に孫を連れて行ってあげたら どんな顔して喜ぶだろう

「い」はそんな土管の中で遊ぶ2人













「う」
     「ひらがなシリーズ・う」   木彫・檜




太い筆で「う」を書く

ジーと見てると

こんな恰好をした子が

見えてこないだろうか?

「う~っ」と気張って

空を見上げて 息吐いて

次は何して遊ぼっかな~

小さき者のしぐさは 

いちいち可愛い

そして自然だ














大好きです
     「大好きです」     木彫・桂(個人蔵)




  
昔 土手や川辺リも 子らの遊び場

水が きれいだったから

メダカ ゲンゴロウ フナ ドジョウ

ナマズ ザリガニ シジミ 水すまし

時々 父がとってきた 不気味な雷魚 などなど

素手で取ったり 釣ったり

ただ 眺めていたり

仲良し 小良し の世界












「こ」
   「ひらがなシリーズ・こ」   木彫・檜





昔 農家の庭先では

むしろを敷いて 子供らが

よく ままごと遊びをしたものだ

一枚のむしろが 青天井のおうち

ここは玄関で

ここはお客様が座るところで

「こんにちは」 「はいお茶どうぞ」

お茶うけだって

春は たんぽぽ 夏 朝顔

秋は 菊で 冬 椿

精一杯の おもてなし














風の子雲の子
   「風の子 雲の子」     木彫レリーフ・桂






風の子 吹けども 雲の子 へっちゃら

大丈夫だぁ~ぃ

吹かれ  流され

何処へなりと 自由飛行

しなやかに  のびやかに

その雲の子さん 風の子いなけりゃ

吹かれまい  流れまい

悠々飛行も 叶うまい

風の子だって  雲の子いなけりゃ

相手もなくて  つまらない















「し」
      「ひらがなシリーズ・し」   木彫・檜




体操の けんすい みたいに

座って両足を上げるポーズが浮かんだが

こんな形に辿りついた

(少々 「し」とは無理があるかな?)

子供って 足の先や 手の先が

しゃべっている

言葉が通じない分

手足がもの言うのだろう

じじ ばば は 大いに孫と遊んで

学ぶべし・・・かな・・・





まずは 以上 7点・・・続く



















関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。