スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風で思い出したこと

09-16,2013

雨戸の節穴から


じっと  雨  風  を見つめていた






IMG_5676_convert_20130916080541.jpg
2008    「雷さま」






子供のころ  故郷の夏の夕方は 決まって   夕立  が来た



「雷様(らいさま)さまが来るぞ~!」




夕立雲が それこそ もくもくと 地平線から立ち上がり


ゴロゴロ 」 が 俄かに近くなり


「ゴロゴロ ピッシャ~~~~ン 



「アッ  どっかに 落っこった、、」



閃光に照らされて 節穴の向こうが 浮かび上がる



庭一面に 無数の雨筋が生まれ 流れ・・・


さらに無数の半球の泡が 消えては生まれ 生まれては消え・・・



細い無数の川を 流れて行く・・・





隣家の  けやきの大木が 柳のように しなっていた・・・





そのさまを じ~~~~っと 節穴から 見つめる・・・




畏れ   と   好奇心 だったのだろう、、、



(全くの表現不足だから また彫ろう)








IMG_5679_convert_20130916080710.jpg
2008    「待って~~~ ついといで」







妹が 心の病で入院  初期のころは



長女を連れ 長男をおんぶして 良く通った



電車 バスを降りても もっと先で  川べりを歩いた



雨の時は こんなだった





今思えば よくついてきてくれた



その長女が もう お母さん・・・    



つい 先日


「おっぱい 飲まなくなった・・・」


とのメール




余りに急なことに びっくり



普通は 断乳となると 母子ともに 苦労するものだが



発熱したあとの  口内炎が 幸い(?)したらしい



何にせよ  2歳になったばかりで


自ら断乳したとは スゴイ





因みに 私の断乳時の苦労話は コレ (過去記事参照)

               ↓


木版画/おっぱい話シリーズ№7~8「私こっちボクこっち」「断乳」・№9「授乳」





しかし  ナニヤラ  寂しい・・・・


婆の気持ちが ナニヤラ  寂しくなった・・・


孫が おっぱい飲んでる姿を 見ているのが 嬉しかったのだと


あらためて 認識する婆、、



娘も 淋しい・・・と言ってきた



忙しいときに おっぱい~~~と寄って来られると 


困った困ったものだったが、、、



余りにあっけない 乳離れに とまどうのは 娘ばかりじゃなかった・・・



で、、、


急に  描いた



(主人が写していた写真をもとに、、クロッキー)


                  ↓

樹里授乳生後まもなく




授乳の娘の傍で じ~~~~っと見ている 自分の顔に気付くと



にやにや~~~~    にこにこ~~~~~~



自分では見えないが きっと 幸せ顔だったんだろうな~~~




どういうわけか


台風の話が  おっぱいの話になってしまった




今 ガラス窓の外の庭木は 風になぶられ  



視界いっぱいに ゴーゴーとしなっている





昔  雨戸の 節穴の 小さな穴から 垣間見ていた風景は



あえて誤解を恐れずに言えば、



ある種 美しく  畏怖を伴う さまだったような気がする・・・




授乳風景も あらためて 見とれる風景だったと



今さら  思う。。。






関連記事
スポンサーサイト

今どきの 物々交換

09-10,2013

瓢箪かぼちゃ・・・と言うのだそうです   なんとも 素敵な色合いです(濃い緑のかぼちゃしか知らなかった~~)

  ↓


IMG_20130909_090323.jpg


前回記事に登場した 前の畑のMさんからの いただきもの!


今年は 5~6種類のかぼちゃを植えたけれど  


収穫出来たのは この瓢箪かぼちゃだけ・・・だそうで(猛暑のせいだったのかしら・・・?)




かぼちゃは ほくほく・・・・!というのがイメージだが


これは 水っぽいので 煮物には適さず(だから 売り物にはしないそうで・・・)



あれこれ 試作した結果


Mさんは かぼちゃスープにしました~と言って  瓶詰めにした瓢箪かぼちゃスープを下さった。



(写真に撮るのも忘れて 飲んでしまったから きれいな色のスープ映像なし・・・)



で、


家の主人は かぼちゃケーキを作る!


          ↓
 


IMG_20130909_091144.jpg




美味しい~~~!


色も きれいです!







IMG_20130909_091749 (2)



       ↑
        
こちらは シナモン入り     どちらか言うと こっちが好きかな~~






        


IMG_20130909_092713 (2)


                      ↑

もうひとつ  これは 裏ごししてない かぼちゃプリン(もどき)



裏ごしは 時間がかかるので 断念したそうな、、、




で、


いつも 早朝から 畑作業のMさんに   


「こんなん出来ました~~~」と、おすそ分け。





すると


しばらくして  Mさん モロヘイヤを摘んできてくださった!



昨日は ネギを沢山 いただいたから 刻んで 冷凍したばかり、、


               


IMG_20130909_090827.jpg




早速 茹でて ただ 刻んで  「モロヘイヤ納豆~~~!!」


あつあつご飯にかけて食べると 最高です!


Mさんいわく


モロヘイヤは エジプトが原産で クレオパトラも好物だったとか、、、



今年の猛暑を乗り切れたのは  この モロヘイヤ納豆の おかげかな・・・?






               
IMG_20130909_092143 (2)



              ↑

これは 「ゴーヤの佃煮」


佃煮にすると あの苦いゴーヤも 美味しく食べられる!


やはり あつあつご飯にかけて 


美味い!


このゴーヤは 田舎の母から宅急便!


他に 玉ねぎ  茄子   きゅうり   トマト   ピーマン   などなど、、、




おかげさまで


今年の夏は ほとんど スーパーで 野菜を買わなかった!!!




作った人の顔が見える野菜を いただくことができた!!!



なんと ありがたき しあわせ!!!



Mさんのほかにも 我が家の周りは 小規模菜園で野菜作りの人たちがけっこういて



やはり おすそ分けを いただくから



たまに 主人の ケーキを食べてもらう。



美味しいと言ってもらうと 主人も 張切って作ってくれる。




もしも、、もしもの話だが、、


何か こと が起きても  ここに居たら  飢え死にだけはしないだろうと思える。




ありがたいなぁ~~~~!!!




こういう物々交換の延長に

先日観た映画「美しき緑の星」のような 世界が 創造されてくるといいなぁ~~~




     ↓

LA VELLE BERTE (美しき緑の星)






監督の言葉

世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。

それで長い時間をかけて考証を行ったのです。

無駄になったシーンやアイデアを書き留めたノートが何冊にもなりました。

次から次へと疑問が生じたのですが、そのすべてに答えが得られたわけではありません。

そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。


完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。

このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。

「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。

かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。

誰も興味を示さなかったのです。

客が入らず、批評家からは酷評されました。

業界にとって、この作品は理解不能のUFOだったのです。

しかし、この映画は死にませんでした。

こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し、人の話題となったの

です。

この映画が必要とされているからでした。

この映画が世の中に発するメッセージのためだったのです。

一緒に映画を見て語り合う「美しき緑の星」クラブのサイトが、いくつもインターネットに見られるようになりました。

私は早すぎたのでしょうか? 

この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは

来ているのかもしれません。



コリーヌ・セロー




            



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。