スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと寄り道/ジジババ孫と彫刻の森美術館へ

08-31,2012




NEC_0250.jpg
ヘンリームーア 「横たわる像」




NEC_0253.jpg
ヘンリームーア 「母と子」




NEC_0252.jpg
ヘンリームーア 「ファミリーグループ」




NEC_0248.jpg
ペリクレ・ファッツィーニ 「踊り子」





40年くらい前になるだろうか・・・!?!

一度だけ行った事があった


 「箱根彫刻の森美術館」


予備校生か 大学生になったばかりの頃だったろう・・・



イタリアの彫刻家やヘンリームーアに心酔していた。

ブールデル や ヘンリームーアの彫刻が

人もまばらな 広々とした緑の丘陵に ゆうゆうと聳え ゆうゆうと横たわっていた・・・




その頃とは大違いだ!!

なんと家族連れの多いことよ!!!

しかも 小さい子供連れの家族がいっぱい・・・!!!



かく言う我々だって 立派な赤ちゃん連れ。


ジジババ4人と孫夫婦7人



40年の間に 少々遊園地(?)と化したような・・・野外を歩く







NEC_0244.jpg
堀内紀子 「おくりもの・未知のポケット2」





NEC_0254.jpg
ニキ・ド・サン・ファール 「ミス・ブラック・パワー」






NEC_0246.jpg
フェルナンレジェ 「歩く花」





NEC_0243.jpg






NEC_0241_convert_20120825195552[1]
フランソワ・ザビエ・クロードラランヌ 「嘆きの天使」






NEC_0255.jpg
流政之 「風の刻印」







40年前の私なら おそらく 

「・・・???」

と思うような 作品が 

今は この 緑の中にあっても ちっとも違和感が無いことに

密かに 内心 驚きながら 歩いた


むしろ 一見 自然と対立してるような作品が 


逆に お互い 生かしあって


そしてなじんでいるではないか・・・!!




そんな風に感じる今の自分・・・・



40年のマジックにかかったかな・・・?



学生時代の昔と違って



楽しく 見て回れたことが うれしい・・・



それこそ 孫マジックだったのかな~~~・・・?!?





IMG_4706_convert_20120830225703[1]
安藤泉 「勢魂」














関連記事
スポンサーサイト

彫刻/仏像シリーズ№2/「観音」(消しゴムエスキース)

08-01,2012






IMG_4212_convert_20120801195939[1]
「観音」(エスキース) 2012  (4×4×14㎝) (消しゴム)




もう、 何年も前に頼まれていた仏像だった。

郷里の同級生が その家の観音堂に納めるという。

鬱蒼とした屋敷林の楠の木が切られ それを使って彫るとのこと、、




父と2人で 軽トラックで 

アトリエまで3時間の道のりを 慎重に運んで来たのは

もう 何年前だったろう・・・




あの頃 父はまだ元気だった、、

よくもまぁ、、 2人で あの楠の大木を運べたものだなぁ・・・







中神のアトリエにいた頃 その楠を使って

一度は エスキース無しで いきなり 彫り始めた仏像だったが

2010年のアトリエ引越しで中断、、



そうこうしてる内に 2011年の あの311大震災・・・



あれから 

やっと 彫る時が来たような気がして

エスキースを作った。



材質は 消しゴム !!!


巨大な消しゴムを見つけて手に入れ

これ幸いとばかりに 彫ってみたが・・・・


一言・・・彫りにくかった・・・


巨大な消しゴムは

サイズ:W276×D141×H43(mm)重量:2285グラム
            ↓
http://www.matsudaya.com/68_149.html


これを見つけた時は 木と違って さぞかし 早く彫れるだろう・・・!!

と、嬉しくなったものだったが、、


とんでもなかった・・・



彫る というのは 

固いから彫れるんですね~~~・・・



あんまり 当たり前すぎて 

我ながら 毎度ながら  自分の馬鹿さ加減に あらためて 脱帽~~~・・・


平面スタンプを彫るには適しているが

立体を彫るには 向いてないなぁ~~~と思いながら 

何とかここまで彫りこんだものの

これ以上細かく彫っていくと 

割れたり、、 ポロポロ欠けたり、、

弾力もあるから 刀が跳ね返されたり、、



何のことは無い 逆に 固い木を彫るよりも時間がかかってしまったのだ!!!


さぞかし楽々彫れるだろう~~~

などと思った怠け根性は 早速 しっぺ返しをいただきました!










IMG_4218_convert_20120801200049[1]
「観音」(エスキース) 2012  (4×4×14㎝) (消しゴム)




観音堂 に納めると聞いたのは


頼まれた時から随分と経っていたから 


その時は 既に彫り始めていて 


それは 観音様ではなかった。



自己流な仏様だった。


(自分で勝手に「勝手仏」と呼んでいて、観音様も自己流だが、、、)




後で 観音堂に納めると聞いて 


それじゃぁ 観音様の方がいいだろうと思って 急いだのが運のつき、、、


急がば廻れとは 良く言ったものですね~~~








NEC_0186_convert_20120801200200[1]
「観音」(エスキース) 2012  (4×4×14㎝) (消しゴム)





アングルを変えて 光条件も違って 


しかも これは 携帯で写したもの、、



ボケているのが 却って逆に 雰囲気出たりして・・・・!!!




と言っても これは エスキース


さてさて これからが本番・・・



ここで、思い出すのは 


実家には 少し離れた敷地内に 


大小さまざまな沢山の石仏があるのだけれど


何故なんだろう・・・?


その中には 


指が 6本の仏様もいる。




そんな実家に生まれて 


木と石の違いはあるけれど


やはり 彫ってる自分・・・




どんなご縁があるのやら、、




とは不思議なものですね~~~













作品通し番号85





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。