スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ FC2から livedoor に変わりました!!!。

06-02,2016

2016年4月2日の この記事を最後に ブログ「おいちゃんの木彫りっこギャラリー」 を FC2から livedoor に変えました!!!。

http://blog.livedoor.jp/mokutyou/archives/3724014.html  『個展 と グループ展 の案内』

2016年5月27日のこの記事から移行しました。過去記事もこちらに移行しました。
○  『手ぬぐい 「磯部神社大鳥居再建竣功記念」

どうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

家具大移動

12-31,2015

数日続いた家具の大移動

昨夜  やっと終わって時計を見たら 12時過ぎ。




数十年前  都内の職人長屋に住んでいた頃

本の重さで床が抜けて以来  減らし続けてきた本類だが、 いつのまにか増える

思い切って処分しても、 これだけは・・・と思って残して来た本達、

でももう  今回は それもいいかな・・・手放しても・・・と思えた。




益子での個展の後始末、、、 いつもなら 全て額は2階にあげるのだが、やめた。

膝にきそうな気がした

重いものを持って階段の上り下りは さすがにきつくなってきた

大きいのは1階に置いておくことにした。



数年前まで1階はおばあちゃんの寝室だったし その後は自分たちが寝ていたから

額は2階に運ばなければならないと思い込んでいたが



自分らが2階へ移動すればいいじゃないか・・!!



2階に寝て数か月、、


「この本棚 寝てる時に倒れてきたら大変だね」  と、主人がぽつり

その一言で 火が点いた

ずっと くすぶっていた思いから一念発起、

ず~~~~~っっと、何とかしたかった家具配置、

 決める前に動いた
    



まずは壁一面の本、、、、


ネットで見つけた本買取さんに連絡すると、翌日には段ボール箱が 5箱届いた

5箱では足りず 最終的には6箱になったが

箱詰めしながら閃いた



背の高い本棚は・・・・寝かせれば低くなる!!!



今まで立っていた本箱を 横にした


DCIM0096_convert_20151231131203.jpg


そうして 本の代わりに  そこに入ったのは木

小さめの木の塊・・・

1階には より大きな木の塊・・・

彫刻用・台座用合わせて 何十個あるだろう、、、

数えたこと無いが  お迎えが来る前に全部彫れたら幸いだ。





私は 物心ついた頃から 掃除や片付けが好きで、

年寄り婆ちゃんの手伝いはもちろんだが

勝手に あちこち片づけては 怒られていた

褒められるのではない、怒られた。



 「よーこ!ハサミはどこだ?  ○○はどこへしまった?」

 大人にとってはずいぶん迷惑だっただろう・・・



誰もいない時に掃除や片付けをするのが好きになった



 
今は 夜中 ごそごそやっても 自分の好き~~に片付けても 怒られない

のびのび 自由に出来るのが 

う・れ・し・い



今回のヒットアイデア

     ↓
DCIM0105_convert_20151231131311.jpg

背の高い茶ダンスを 二つに分けた

上下組になってるのを 左右に背中合わせに並べた

これが とても 具合がいい!

モノが置けるし 視界が広がった!

気分上々~

ニヤニヤだ

あまり寝てないから これを書いててウトウトするが 

う・れ・し・い

(家具は 基本 一人で動かすが、きっと父母の力持ちの遺伝子を受け継いだのだろう)


私がごそごそ家具移動をやってる間 

主人は台所で 豆を煮たり、唐揚げを作ったり、パン焼き機でお餅を作ったり・・・・

今はいつもの 酵素玄米を炊いている

お陰さまで私は好きなことばっかりやってる

ありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。



年内に 益子個展のまとめをアップするつもりでしたが  今夜から出掛けてしまうので 来年にします。


いつも 読んで下さる皆さんへ

良いお年をお迎えください!!

ありがとうございます。。。。

最後に 縁起ものの亀の親子の下絵アップ

これは 鏝絵(こてえ)の下絵です

茅野市の蔵の壁には鶴や亀や龍や大黒様やその他縁起の良い絵が描かれています。

描くというよりレリーフ彫刻です

昔の左官屋さんは 彫刻までやってしまったんですね~~~!!

いや今も職人さんはいらして 伝統文化を守っています

というわけで 注文の亀の下絵を描かせて貰いました。(下絵なので いつもの版画タッチとは全く違います)

DCIM0082-7_convert_20151231145258.jpg


では 良いお正月をお過ごしください!!

来年も どうぞ 宜しくお願い致します。


そうそう!

最近の空、月、雲、、、、きれいですよね~~

其れは・・・友人の記事読んでみてください。

http://ateasesalon.jugem.jp/?eid=1025








日本ガーベラ  と   年寄りばあちゃん

06-04,2015

50年以上も前の 子供のころの記憶に  一番鮮明な花・・・    

名前も知らないままに来て  「 日本ガーベラ」  と 教えてくれたのは パソコン
      ↓
DCIM0884_convert_20150604145744.jpg
「日本ガーベラ」


母屋から少し離れた隠居所に 咲いてて、 

当時 80代の年寄りばあちゃん(4世代家族で若ばあちゃんもいたから年寄りばあちゃんと呼んでた)

と  足が悪くて寝たきりのその息子(あんちゃん)が住んでて

その狭い庭の 朝顔や インキ花や 立ち葵や、、、

さまざま花びらを摘んでは 赤やら青やら 色水を作って 遊んだところ。。。

遊びの材料にはならなかったけれど  50過ぎて 妙に記憶に浮き上がってきた花・・・


真っ赤なのに 派手でなく   キリッと  長細い茎の先に一輪・・・ 

濃い緑の葉に囲まれて  凛として 風に吹かれて立ってる

いつ 記憶に刻まれたのか 自覚も無いが  

数十年後に 出先で突然出会った時は 思わず株分けしてくださいと

見ず知らずの家の方にお願いしてしまったほど・・・・

が、断られ 、 しばらく経ってそこを通った時は 駐車場!!!

そんなことがあったから、 すぐ近所に 発見した時はもうウキウキ、、、

でも断られた経験があるから 通りすがりに眺めて 数年・・・

そのうち どうも 誰も住んでない気配で ポストも表札も塞がれてて、、、

自治会長さんに相談したけど、連絡先わからず、

そんなとき 外でその家の掃除をしていた人に声をかけたら お隣さんで

ご夫妻はもう亡くなられて  お子さんがたまに見に来るとのこと、、、

このガーベラを株分けしてくださいと話したら なんと どうぞとのこと!!!!

他にもやはり欲しい方がいて、小さいスコップで掘ろうとしたけどダメでしたよと話してくれた、、、

ほんと!!大きいスコップでも大変でした!!!

ナント  小玉スイカ位の球根から 四方八方に根が伸びてて 

周りを大きく 深く 掘らないとびくともしません・・・

それに 低く枝を張った木の下で しかも 大きな庭石の傍で 腰をかがめて スコップ使う姿は・・・???

かくして 何十年来夢見ていた日本ガーベラが庭に来た!!

花は 元気だけれど 葉は萎れ気味、、、

根付くことを願うのみ・・・。



繧ケ繧ュ繝」繝ウ0159_convert_20150604135923
「えんがわ」  

そんな日本ガーベラ 年寄り婆ちゃんも好きだったんだろうな、、、

とっても小柄(多分150センチなかったろう)で 

真夏のよっぽど暑い日以外は 着物を着て 長い前掛けをして よく働いてた

中休みには お茶もした

年寄りばあちゃんの出す お茶うけは 梅干しと砂糖 

掌がお皿の代わり、、、砂糖の真ん中に自家製梅干しをのせてくれた

あるいは 沢庵や白菜の 自家製漬物

甕の中には 黒砂糖の塊もあって そのひとかけらをつまんだりもした

特におやつなど無かったけど みな 美味しかった~、、 



郢ァ・ケ郢ァ・ュ郢晢ス」郢晢スウ0006_convert_20140618093513_convert_20150604142905
「家・庭」 

庭一面に筵を敷いて お米を天日干し、、

放し飼いの鶏が お米をつつくから 追い払ったり、、

この鶏さんたち  夜は木の上で寝てましたね、、

犬のシロも つながれておらず 悪さもせず 家族の一員

馬もいました、他に 豚、牛、山羊など、、、

病弱だった私は 山羊の乳を飲まされたり

年寄りばあちゃんのお手伝い(?)をしていたそうな、、

80過ぎても 息子の世話から 母屋の掃除その他、、、年寄りばあちゃんに停年は無かったからね。。

昔は お米を脱穀すると 庭一面に筵を敷いて 天日干しにしたから

雲行きが怪しくなって 雨が降りそうになると

一面に干された米を 筵ごと二つ折にして 重ねて濡れないようにするのは

年寄りと子供の仕事、、、

お陰さまで 私は 力持ちになって 大木も彫れるのかも。。。




繧ケ繧ュ繝」繝ウ0135_convert_20150604142353
「井戸まわり」

里芋をごろごろ洗っているところ、、、

大きな木の樽に入れて 二股の木の道具で 左右に動かすと 里芋の毛が取れてツルツル!

皮をむいたりはしない、

(きぬかつぎ  は別!

皮つきのまんま茹でて 皮をつるり、、、生醤油をちょっとつけて、、、旨いのなんの~)

ごろごろ洗った里芋は 少し日に干して けんちん汁の具に、、、

年寄り婆ちゃんが 下ごしらえをしておいてくれたから

野良から帰ってご飯の支度が楽だったと母が言っていた。

連携プレーですね、、

因みに 井戸水は 夏冷たく 冬温かく なにより 美味でした



繧ケ繧ュ繝」繝ウ0138_convert_20140421144307
「ボンボン時計」


時刻の数だけ ぼ~ん ぼ~んて 正午は12回

八角形で 昔は古めかしいと思ったけど 今は 素敵な形だなと思う

振り子が左右に振れるのも  カチカチ音も  生きてたみたいで 懐かしい 

古めかしいと思ったお皿も  今は 藍色で良かったなと思う

年寄りばあちゃんは お皿を おてしょ  と言っていた

私は 田舎の方言と思って 何故か 悪い言葉と思っていたが

「おてしょ」・・・今は 素敵な響きに聞こえる




五右衛門風呂
「五右衛門風呂」


一番風呂は 年寄り婆ちゃんとあんちゃん

母が隠居所から おぶってきて 風呂に入れて またおぶってって寝かせて

夕方まだ明るい内から入った

骨と皮でしわしわの背中を 母が ごしごし 力いっぱいこすって洗っても

それが気持ち良かったそうな、、

それを 20年近く続けた母、、、、!!!



DCIM0896_convert_20150604153250.jpg


この日本ガーベラ

根っこを掘って あまりの球根の大きさにびっくり!!

地表に出てる 一見 か細い姿とは 裏腹で

とっても 頑丈!


年寄りばあちゃん や 母たちの 記憶と 

私の内では 重なってるのかもしれない、、、と思いつつ。。。






狭山ふるさと会

03-16,2015

狭山ふるさと会のお手伝いをすることになった。


去年の自治会会長さんが中心になって 2015年 今年から 始動~

ただいま準備中~   

私は行けるときだけ参加組、、だが、 農家生まれの 農家育ちには 「ふるさと」 の響きには釣られてしまう・・・

その ホームページを 主人が作成。

地域の 草花や 鳥の写真がとってもいい!!!

ずっと地域の自然を撮り続けてきた方が 提供してくださっている。

貴重な写真ばかり!!!
   ↓

○ [狭山ふるさと会」 の ホームページ   http://www13.plala.or.jp/sayamafurusato/ を開いて
   
         ↓
水野の森の四季をクリック してください
                                    

日頃 目にはしてるが 名前がわからなかった 花や鳥の名前がわかるのは うれしい!!


先日の集まりでのこと 会議が終わって お昼のお蕎麦を食べながら

昔の暮らしの話になった。

こうなると 私の舌は滑らかになって 頭の中は子供時代へタイムスリップしてしまう、、

春になると 田圃は一面のれんげそう畑の薄いピンクで覆われ・・・ 

ビール麦の鮮やかな新芽の初々しい緑があちこちに散らばり・・・ 

菜の花畑の優しい黄色が 絵のように配置されて・・・

里山では広葉樹の葉が芽吹いて 緑色の濃淡と  その中に山桜の薄ピンクがところどころ点在し

山全体が萌えてくる・・・

記憶の中の 田舎の風景は あまりにも 美しいままだ。。。

小川には たくさんの生き物が棲んでいた。

フナ    ドジョウ    ザリガニ    メダカ    ヤツメウナギ    ライギョ     ナマズ    

ミズスマシ   ゲンゴロウ 、、、、


勿論  田圃には  


カエル    タニシ    ヒル


川の中には 花も咲いていた。   

黄色い可愛い花・・・コウホネ・・・・・下野コウホネと言うらしい

              ↓

http://www.fukuichi.org/flowersearch/2011-09-12kohone/index.html


子供のころは  名前など知らなかったが 記憶には しっかりと咲いてる

小川を飛び越えたり  川に沿ってずーーっと歩いたり

何にもなくても 充分だった。

50年以上前の話・・・。


先日  河原へ孫と行った。   

護岸工事された河原で  石を見つけては 拾って川へ投げた。

シラサギが数羽、、

かつて 田圃には たくさんのシラサギが舞い降りていた、、


時が経つほどに  頭の中の田舎の自然が 美しさを増し 生き生きとしてくるような気がする。。。


いつか 版画にしなきゃ・・・・!!!

それに 子供の遊びの数々・・・

かくれんぼ     おままごと      おしくらまんじゅう     ゴムとび     ベーゴマ    

 かるた     ムギワラ編み     竹でっぽう     手づくりぶらんこ   手づくり竹のてつぼう 

 まりつき     陣地取り    おはじき     缶けり  、、、  エトセトラ


これも版画彫らなきゃ、、、

時間あるのかい・・・?       


だって 最近の時間は 短くなっている気がするから  そのうちに、、、な~~~んて言ってられない。

一日24時間の筈が 一体 今は 何時間になっているのやら。。。


何方か 計ってる方がいたら ぜひとも 教えてほしい!!!




味噌仕込み完了!!!2015年

02-05,2015

今年も  味噌仕込み  完了~~~!!! (先日1月28日に) 

2015年物。



毎年 大豆も 麹も 塩も ミンチも その他 ぜ~~~んぶ 用意してくれて 

地域の公民館も借りてくれて 

何から何まで お世話してくれる ご近所の Nさん のおかげです!!!


Nさんは 前もって 各自に 大豆を 届けてくれます。

それを  前の日に やわらかく煮込んで  地域の公民館の調理場へ持っていきます。


我が家は 大豆  5キロ  出来上がりは 20キロくらいかな・・・

煮ると かなりの量にふくれます。

大きい鍋に 2~3個分


去年までは 車乗ってたから 自分で運んでいたけど 乗らなくなったので 

今年は  大豆も人も Nさんの車に乗せて貰って公民館へ、、、


今までは 人数が多かったので 写真撮る余裕がなかったけれど

今年は 少なめ、、、で  

写真撮る余裕があって ラッキー!! 

でも 思いついたのは 途中から、、





これは 麹と塩を よ~~~~~く 混ぜ合わせたもの。

我が家は 全部 麦麹 で 作ります。

孫が 米アレルギーなもんで 米麹  はなし、、


DCIM0227_convert_20150205091120.jpg





柔らかくなった大豆を ミンチにかけて、、

穴から  ニョロニョロ~


DCIM0229_convert_20150205085829.jpg






先に 混ぜておいた 麦麹と塩のなかへ  ニョロニョロを入れて 

さらに よーーーーく 混ぜて 捏ねま~~~す。


このとき  大豆を煮た 煮汁 を 少しづつ入れて 程よい柔らかさに 捏ねていきます


DCIM0230_convert_20150205091405.jpg







捏ね終わったら  味噌玉 を作りま~す。


空気を抜くようにして  丸いおにぎりに、、、



DCIM0232_convert_20150205091529.jpg





この前の工程を 写し忘れてしまいました!!!

ので

いきなり 容器に 入ってます~~~

容器に入れるときは 焼酎で良く殺菌します

空気が入らないように 

味噌玉を バンバン容器に叩きつけるようにして重ねていくんですけど、、、

たまに 的を外れて 容器の外に、、、、、なんてことも、、、、

(飛び散って 悲惨な状況になります・・・・・)


投げ入れが終わったら 表面を 平らに平らにするのですが、

これが 結構  むずかしい・・・・・

最後に その上に 5ミリくらいかな、、、、

塩を重ねて  終了~~~!!


そして カビ防止用に それ用のシートをかぶせますが 

みんなそれなりに カビが出るそうで 私も そこは 掬って捨てます。

パソコンで検索すると やはり 出るもんらしい、、、

出ても そこを除けば 大丈夫なのが 味噌ですね。

けど 人間国宝の方が漉いた和紙を かぶせると カビが出ないとか・・・・・!!!

因みに Nさんの友人の作る味噌は カビが生えないとか、、、

そういう人もいるらしい、、、


私が 子供のころは 味噌小屋があって いくつも甕が並んでて カビが生えてたなぁ~

それが カビだったって言うのは 大人になってからわかるんだけどね

気にもせず そこは除いて使ってましたね~、、、

良いカビだったんでしょうね~、、、

因みに そのころの 私の好きだったご飯は 汁かけ飯。

ご飯に 味噌汁をかけて  そこへ 干し納豆を 入れて食べるのが お気に入り・・・・!

それに 白菜や 大根の 漬物。

今思えば 年寄り婆ちゃんも  若婆ちゃんも  母も  

よくぞ あんなに 重たい重たい漬物石を持ち上げていたもんだなぁ~~~!!!

私も 力持ちだと思うけれど その私が 今更ながら感心するのですから・・・。

DNAもあるのかな、、、(私 主人より力持ちみたいだし、、、)


ちょっと  脱線してしまいましたが~~~ 




DCIM0251_convert_20150205091618.jpg





今年は この容器と もうひとつ 甕に仕込んで 我が家の 一番寒い所へ・・・・


今食べてる味噌は 去年 仕込んだもの、

一年ごとに食べてしまうので 古い味噌が残らなくて、残念、、


正直 買った方が安くつくけど 主人曰く 

「買ったみそは  なかなか 溶けないんだよ~~ 」

主人は 仕事場の冷蔵庫に 家の味噌を 置いといて 

お昼には 熱湯で溶いた味噌にわかめなど入れて 

やはり  家から持参の酵素玄米おにぎりで お昼してるんですが

たまに 味噌を切らして 間に合わせに買ったりすると なかなか 溶けないそうな、、、

というわけで 

また 来年も 味噌の寒仕込みは かかせませんなぁ~~~

孫んちにも 持ってくぞ~


 


DCIM0252_convert_20150205091721.jpg






午前中から 仕込みだから  お昼は みんなでいただきました。

これも  Nさんの 手作り昼食が並びます!!! (真中がNさん) 

混ぜご飯  ・  味噌汁  ・  サラダ  ・  白菜煮びたし  などなど

プラス  Sさん手作りの おでん

プラス  家の主人の手作りデザート(キーウィ寒天ゼリー ・ パウンドケーキ2種類) 

などなどで 

おいしい~~たのしい~~お昼タイムとなるのが 毎年のこと。

ありがたや~ありがたや~なのであります。。。





  
DCIM0237_convert_20150205094757.jpg





Nさんの 息子さんご夫婦は お子さんたちと いっしょ!!!

良く お手伝いする ○○ちゃんです。

○○君も ちっともぐずらず お母さんの背中でいいね~!!!

ニョロニョロ出てくるのが おもしろいんだろね、、、




(おんぶの感触・・・・・って どんなだったかなぁ・・・・

さぞかし 気持ちよかったんだろなぁ・・・)




DCIM0242_convert_20150205091925.jpg




Tさんの ネパール人の 奥様も 初参加!!


味噌玉作り 手伝ってくれました~。

  
DCIM0248_convert_20150205092132.jpg




世の中・・・ 騒然としています、、

が、


一方では こうしたおだやかな 日常も 過ぎていきます、、



みんながみんな 騒然の渦・・・に巻き込まれてしまったら、、、?


子供たちは・・・?

地球は・・・?


巻き込まれないように  日常のこと   大事ですもんね、、、


○○ちゃんきょうだい 、、、可愛かったです!!!

子供は ほんと  ですね~~~。

子供の 笑顔  いいですね~~~

もちろん 大人の笑顔も いいですねぇ~~~


孫は 「ありがとう」が言えなくて

ありご」なんですが


ありご ありご  で  ありがとう   ・・・2015味噌仕込み。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。